【妊娠】妊婦健診ってどんなことしてどれくらい費用がかかるの?

こんにちは、ぷぷです!

無事に心拍が確認出来たら妊婦健診が始まります。

でも、妊婦健診ってどんなことをして、どれくらいの費用がかかるの?と思いませんか?

私はめちゃくちゃ気になりました!(笑)

ぷぷ

妊婦健診って保険適用外って聞いたんだけど…

確定申告があったので計算したら実際10万円近くかかり…
その内訳や理由も含めて公開します!!

妊婦健診ってどんなことをするの?

妊娠がわかり、心拍が確認できた頃「母子手帳をもらってください」とお医者様から指示があると思います。

その時に行政から受診票を受け取ります。お住いの地域によって色や形は様々かと思いますが、複写式になっていて受診票の検査項目部分については公費負担の対象となり、費用はかかりません。

里帰り出産の場合

お住いの都道府県で受け取った受診票は、お住いの都道府県の妊婦健康診査の契約医療機関のみで使用できるものです。
里帰り出産で住まい外の都道府県の医療機関で受診する場合、受診票は使用できません。
しかし、里帰り受診等による費用の一部について助成が受けることができるようですので、領収書等は必ず取っておいてください。

基本妊婦健診には、問診、体重測定、血圧測定、尿検査が毎回あります。助産師さんとの面談は病院によって時期が定められていたり、毎回面談があるという病院もあるみたいです。

問診:お医者さんへ気になることや不安な事を相談します

体重測定:急激な体重増加は妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こすことがあるようで管理が必要です

血圧測定:血圧数値によって妊娠高血圧症候群を判断したりする材料になります

尿検査:腎臓機能の低下、腎臓病、妊娠高血圧症候群の症状をみたりする材料になります

助産師さんとの面談:妊娠で変化している体の事やお産について、赤ちゃんが生まれた後について相談できます

その他妊娠週によって定められた検査があり、その検査が受診票適応外。

ぷぷ

高 い っ!!!!!!!

少子化少子化って言われてる中、子育てにもお金がかかるのに出産にも妊娠にもこんなにお金がかかるなんて…国は…なんて思ってしまいました(笑)

受診票適用外の検査ってどんなこと?

自治体によって時期は様々なのかもしれませんが、1回目の妊婦健診で血液検査を行いました。

血液型(ABO型、Rh(D)型)、貧血、血糖、不規則抗体、HIV抗体、梅毒(梅毒血清反応検査)、B型肝炎(HBs抗原検査)、C型肝炎、風疹(風疹抗体価検査)

上記の内容を検査するのに私は2万円かかりました…

予め前回の妊婦健診の帰りに受付の方が「次の検診で血液検査をするのですが実費で2万円程かかります」と一声くださったのでお支払いすることができましたが(笑)

それ以降も、クラミジア抗原、HTLV-1抗体、貧血検査、血糖検査、B群溶連菌、NST(ノン・ストレス・テスト)等受診票適用外の検査が目白押しです。

その他の検査として、超音波検査と子宮頸がん検診は受診票があるため適用となります。超音波検査は地域によって受診票の枚数が違うようです。

私の場合、毎回超音波検査がありますので最低でも毎回3,000円の医療費がかかっています。多分、お医者様と相談し、超音波検査をしないという選択もできるのかもしれませんが

赤ちゃんの様子をみたり、お腹の中での成長は超音波検査でしかみれないので3,000円は安心料金かなと思います。

また、臨月に入り行われるNSTは(お腹に器具をつけて赤ちゃんの心拍とお腹の張りを調べます)初回の料金が1番高く2回目以降は少しお安くなるようです。

選ぶ病院によっても大分料金の幅はでると思います。色々な事を加味するともしかしたら通常よりも割高なのかもしれませんが

ぷぷ

診察、検査代、交通費(公共機関)を含めると、妊娠38週の時点で約84,000円かかっていました。

ここに、貧血検査で鉄分のお薬をだしてもらったり等…と考えるとちょっと恐ろしいです。今のところビオフェルミンの処方だけで済んでいる赤ちゃんに感謝;;

妊婦健診の大切さ

出産までにかかる妊婦健診費用は、10万円程を想定していたほうが良いのかもしれません。妊婦健診は無料であるように聞こえたりしますが、残念ながらそうではありません。

それでも、妊婦健診に行くのはとても大切な事です。

実費である血液検査の中には梅毒、風疹の検査があります。昨年~今年にかけてこの2つは特に情報量が多かったのではないでしょうか。

この2つは胎児に何かしらの影響が出る可能性が高い病気です。

特に風疹は抗体が無いとわかれば、母体がマスクや手洗いうがいに気を付けたり一緒に住むご家族に風疹の予防接種をしてもらったり、等対処することができます。

そして、妊娠期間中母子ともに健康を保てているか、赤ちゃんが生まれた時に特別な対処が必要かを病院が判断する大切な期間であるともいえます。

お財布は痛いところですが、妊婦さんと赤ちゃんの命を守る大切な健診と費用なのかもしれません。

ぷぷ

妊婦健診でかかったお金は(公共機関の交通費含む)確定申告できますので領収書を捨てずにとっておいてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA